パソコン新調

[ねとげ]でも[びょうき]でも[しゃかいふうし]でもない、
普段には無い記事をお一つ。

2020年にWindows7のサポート終了をひかえ、
現在の「7 Ultimate(仮想XPがしたかったので)」から、1年以内くらいには
PCを新調せねば、とぼんやりと考えておりました。

で、ふと思い立ちそういえば
「いま使ってるテレビチューナーもらったやつだけど、新しくしても使えるのかな?」
と、その譲ってくれた友人その他(自作系できるひととか)相談したところ、
「PCIスロットがあるマザーボードは限られる」ことが判明し、

となれば、今後どんどんチップセットやらCPUの形式やら変わって行くなら、
「古いパーツを継続利用できなくなる日も近い」と考え、
勢いでいまできる段階でササッとPC新調することにしました。

で、まずはBTOパソコンを何店か見繕う。
で、たいてい(といってもドスパラとtsukumoくらいしか見てないw)どこのBTOパソコンみても
マザーボードのチップは「H310」だの「B360」だの「H370」で、対応していない。
ハイエンドクラスのBTOだと求める「Z370」チップを使っているが、それはチップが対応してる
だけで、マザボ自体のインターフェイスにスロットは存在しなかった。

ということで、「こりゃ自分でマザボから調達して作るしか…」とも思ってたところ、
「パーツ指定して自作代行とかお願いできないん?」という友人の助言を受け、探しました。
そしたら、TSUKUMOで組立代行というサービスを発見。

とりあえず、そういうサービスがあるということを念頭に置き、
パーツを自分で選んでみることに。
さきに述べた通り、マザボがかなり特殊なのでそれをまず決定とし、以下ry

マザーボード ASRock Z370 Pro4

OS Windows 10 Pro

CPU Intel Core i5-8500

ビデオカード Colorful GTX 1050Ti NB 4G

SSD WesternDigital WDS500G2BOA

HDD WesternDigital WD40EZRZ-RT2

メモリ Crucial BLT2K8G4D26BFT4K

ブルーレイドライブ Pioneer BDR-209XJBK/WS2

こんなカンジで。
電源とケースはオススメがあれば見繕ってと、とりあえず見積もり要求。
で、提案されたのはこんな感じに。

ケース CoolerMaster MC500(MCM-M500-KG5N-S00)

電源 Seasonic SSR-550FM (550W)

CPUファンは、最初「SCYTHE 虎徹」を勧められたんですが、ケースが透過性ありなので、せっかくだからと変更。

CPUクーラー ENERMAX ETS-T40F-BK

と、こんな感じで頼んで、値段も大体予算内だったので、即効発注。
(本来ワタシはそこそこ値の張る買い物は熟考して検討してから買う)
蛇足ですが、「PCIスロットに挿したい基盤がある」ということは、見積もりの段階で先方へ伝えてあった
ので、いくつかその点に関して注意事項を指摘されました。

たとえば、「基盤が大きいとUSBヘッダーピンと干渉の危険」だとか
「ケースの下部2.5インチ内部ベイの固定パネルは外すか?」だとか。
今回わたしが挿したかった基盤「PT2」はそれほど大きいものではないのでここらの危険はなかったですが
ワタシ側の回答として「USBヘッダーはPCIスロットから遠い方を(ケース前面パネル用)使ってほしい」
といった要望で伝えたので、組立ての人もある程度困らずに済んだのではないかと。

あ、あと5インチベイのディスクドライブやストレージの格納位置も尋ねられました。
わたしの意図の理解がちょっと手間取り(3.5インチベイがかなりフレキシブル)ましたが希望は伝わった。

で、それが届いたのが、9月30日(日)の夕方です。
その日はとりあえず起動とかBIOSを確認のみをし、あれこれ設定は後日に。

さてはて、これからタイヘンなのが、旧PCからのデータの移動や、基盤の差し替え。

ある程度はしたけど、細かいのは見落としもあるかもだけど、とりあえずでかいデータは
外付けHDDに移動し、内蔵のほうに細々としたデータをコピー(旧PCもデータを残した)。
で、電源を落とし、スイッチ切って、数分待ち、コンセントを抜き、また数分置く。

さて、こっからは改造(?)じゃないな、カスタマイズの作業へ。

まずは、旧PCのハードウェアを取り外しにかかる。
これみてそんなに汚くは感じないかもですけど、スプレー掛ける前はすごいホコリだらけでした^^;

画像


で、TVチューナーも外して、
画像

あ、ちなみにこのチューナー、「アースソフトのPT2」というのですが、「PT3」は確かPCI-Express対応だったかと。
いまだったなら、他のメーカーでもPCI-Ex対応のチューナー売ってはいるでしょう。けど、ワタシ貧乏性だからw

さてあとは、HDDを外して、っと。あ、これこの筐体組んだ5,6年後に増設したものなので、
旧PC側にも、HDDはもう一つあるわけですが、そっちはそのままで。
画像

つい、いましがた調べたところ、WDのHDDでGreenというブランドは存在しないんですなぁ~。
↑のスペックリストにもある通り、今回新PCに積むのは4TのBlueです。
サーバーやなにがしかビジネスユースで使うならともかく、一般人だったら
RedやPurpleなんて必要無いっしょ。ブラック?ゴールド?知らない子ですね…(藁

で、それを新PCに取り付けるにあたり、まずケースの左右サイドパネルを外し
気づいたのは、ストレージ関連が、予想とは違う位置にあった。

上で尋ねられはしたけど、いくつかのものはそのまま「お好きなところへおまかせ」としたのもあった。
ケースのメーカーサイトで写真とかみるとわかりますが、今回選んでもらったケース、
2.5インチベイ(内蔵/外って聞かないけどw)が2セット、4箇所取り付け可能。
であったのですが、開けてびっくり、3.5インチ用のベイの中に固定されて(ネジ止め)HDDと同じところにあった。

販売店での相談の中で、「3.5インチHDDを所持しているものから追加する」ってことは
伝えていなかったので、さてどうしようかと暫く悩む。
3.5インチベイは、他にもATXマザボの範囲外、最下部電源スペースの前方の空白部分にも格納可能
ではあったのですが、これが、SATA電源ケーブルを、
電源>HDD(下部)>HDD(可動ベイ)>ディスクドライブ
とするには無理があった。

ちなみにさっき言った通り、3.5インチベイの中にSSDがあったので、現状
電源>HDD>SSD>ディスクドライブ
というつながり(SATA電源は3ヶ所の連なり)。

で、電源の説明書と付属品をあれこれみるに、まず、
・SATA用電源ケーブル(端子2つ)が1本残っている。
・3.5インチベイの最下部を使用するのは不可能に近い。
・2.5インチベイは、その電源とマザボの仕切り部分に2ヶ所あるが、他にも側面にも取り付け可能。

であることから、まずいまある端子3ヶ所のSATA用電源ケーブルを
・電源>3.5HDD>3.5HDD>ディスクドライブ へ変更。
・電源が刺さっていないSSDを側面に取り付け、コネクタ増設した残ってたケーブルで電源を確保

画像


という手順を踏み、またSATAコネクタを
0:ディスク 1:,2:なし 3:SSD 4:なし 5:(新)HDD
であったものを
0:ディスク 1:なし 2:SSD 3:(新)HDD 4:(旧)HDD 5:なし
とつなぎ替えることに。っっと、あとからBIOSみて確認したら
0:SSD 1:なし 2:(新)HDD 3:ディスク 4:(旧)HDD 5:なし
がただしかった。どうも接続先をSSDとディスクドライブ勘違い。
ま、ブート順序なんてBIOSでどうにでもなるのでこの際深く考えない。

さて、あとはTVチューナー(今回PCIスロットで、っとわざわざ頼んだ元)を差し込んでーっと、
あ、あと旧PCでつかってた15Pin(古いプリンタコネクタかな?)とUSBポートの背面用が
余って(PT2抜く時そっちも取ってきた)のも、USBヘッダーピンが残ってるので挿してーっと。

画像


起動、まずはWindowsではなく、BIOSから。
特に問題なくHDDは認識している。あ、あとついでだからグラフィックBIOSモードでなく
プロンプトで(MS-DOS世代としてはこっちが古くから馴染みがある)に変えてっと。

さて、再起動。
HDD認識している。PT2正常認識で動作してるが、デバイスマネージャーで名称がでない。
ま、これは当然想定済みで、メーカーからドライバダウンロードのインストールで解消。

さてはて、こっから、実はTVチューナーを正常動作させるのに、
えらく時間がかかってしまったのですが、そういうのは
「TvTest」だの「TvRock」だのの使い方をぐぐってもらって各自の責任でよろ。

こんなもんかな~?
あ、一応最後に、その透過状態の側面から見た新PCの稼働状態LED画像でも
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック