PlayStation3 購入

恐らく、書き直すことになるだろうとはおもうんだけど、とりあえず今の時点での言っておきたいことを、ここに記す。

わたしは、「EVE burst error」のファンである。過去にもそのリメイク、Vita版の『R』とされたものを買い、プレイの記録もブログ記事にしたように思う。で、それはワタシが思春期といえそうな時期に、準原作(元はMS-DOSによる18禁で、もちろん声もない)の、15歳以上がプレイできるというWindows95版をプレイしたことに端を発している。

C's ware というソフトハウスはもう存在していないかと思うが、その「EVE b~」の大ヒットに味をしめのちに「Lost ONE」、「EVE Zero」、新シリーズと叫んでおきながら結局つくれなかった「ADAM」、その継ぎ足しで無理矢理になった「The Fatal Attraction」と、どんどんと質が低下していく。

前にも書いたと思うが、「burst error」がヒットしたのは、シナリオが秀逸(のちに有名人となり早逝する菅野ゆきひろ)であったことと、当時容量などでなかなか難しかった、キャラクターへの音声あて、つまり声優起用が当時(今はどちらかといえば指導的立場に近い)第一線、第一級の役者(老若男女)であったことが理由。

さて、前置きがながくなるのはわたしのいつものことではある。

もともと「EVE」シリーズがC's wareという会社から出されていたが、だんだんとその制作費用に対して資本金(つまり自分たちだけでは作れない)足らずになっていき、発売元としてもおそらく表記も変わってきていると思う。が、建前上、(アダルト向けではない)声優は続投する場合がおおかった。

ようやく、本題。EVEシリーズでは、現状リメイク以外での最新作は2006年の「EVE new generation」というタイトルでPS2用ソフトとして発売された。


EVE new generation DXパック(限定版)
角川書店
2006-08-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


PC向けとしては、のちに18禁のアダルトとしてのみで発売されている。


EVE ~new generation~X
TYRELL LAB.
2007-03-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


つまるところ、EVEの正規品を合法的にプレイするには、PlayStation2がなければ出来ない。というわけである。

「burst error R」の記事の中でも書いてあると思うが、“おじさま・おやっさん”こと源三郎役は、「納谷悟朗」さんである。ナウシカでのユパ、ルパンでの銭形警部などチョー有名、勿論故人。Rの元となっている(であろう)プレステ2版では「大塚明夫」さんが演じている。

疲れたので中休みというか中断します。

キャスト
-天城小次郎(子安武人)
-法条まりな(三石琴乃)
-乃依/アルト(名塚佳織)
-氷室 恭子(松井菜桜子)
-甲野 三郎(野沢那智:故人)
-桂木 弥生(本多知恵子:故人)

←のバナーにもある通り、初代EVEのサブ(?)風呂いん…じゃないヒロイン「プリン」役の水谷優子さんも亡くなっている(2016年5月没享年51歳)。というわけで、EVEの報われない女性筆頭とされて、それでも欠かせない脇役として出演されていた「桂木弥生」役の「本多知恵子」(2013年没享年49歳)さん、最期のEVE役&わたしのだいだい大好きな渋~いダンディ中年さん、じゃない「甲野本部長」役「野沢那智」さんの声が聞きたいがために、PS2ソフトを買いました。(ハードを買った直後)

あれ?なんか矛盾してる?んと、簡潔に書く。

わたしの部屋にはテレビがない。で、TVゲームをするのであれば、出力等は「HDMI」を使ってPCのディスプレイに写すしかなかろう。だが、PS2にそんな機能なんてない。だが、3にはある。けれども3で2のソフトを動かせるのは一部の型のみ。で、それが、とある近くの中古(本)店に置いてあった。これはもう逃す手はないと即決。
画像

で、今に至る。_ノ乙(、ン、)_
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック